Blog

開発環境を見直そう[VSCODE]

どうも!代表の金髪です!

今回はプログラマーでもある俺がお勧めするエディターについて、語ってみたいと思います。

プログラマーな皆さんも大きく分けてソフトかWEBかで立場が違うと思います。
そうなるともちろん開発環境もそれぞれ違うわけで、プログラマーの方々はみんなそれぞれの環境があります。
 
で、俺の場合
 
◆WEBやるとき
主に扱う言語としてはPHP,JavaScript,HTML,CSS
書くときはTerapad
確認はもちろんGoogle Chrome
 
◆ソフト
主に使う言語C#,Python
C#書くとき→Visual Studio
Python書くとき→Anaconda&Spyder
 
◆アプリ
使う言語:swift
書くとき→X code
(わざわざMac Bookを引っ張り出します)
 
◆その他
Hololensの開発はUnity
※まぁこれはどーしようもない
 
 
という具合に着手するごとに環境わすれてひゃー!!ってなります。
ていうかこんなに手広くやるのは推奨してません(笑)
 

課題:全部じゃなくてもある程度一か所で開発したい

 
これですよ、、、
コードを書くときは一か所で、デバックや動作確認だけその環境になげれればベスト in the SKYなわけですよ!
で、俺が今回紹介するのはなんと
 
 
「メモ帳」
 
 
はい、うそです
 
[VSCODE]でございます。
 

 
Microsoftが開発したと有名な、エディタですが
各言語の補完機能やデバックに対応したすぐれもの!
さらに最新型のコマンドプロンプト
[PowerShell]も搭載しているので、シェルコマンドが発動しまくれます(´∀`)
 
しかも!
 
python開発環境のanacondaのパスをPowerShellに通せば、VSCODEからcondaコマンドが使えたり
パスが通ってるのでNumPyやMatplotlibのグラフ描写もこの通り!

 
結構最強な気がする(‘A`)
次回からはもうすこし各機能を掘り下げていってみましょう!
 
ところで、、、
 
これを読んでいるプログラマーコーダー諸君

 
永遠の論争の話もまた今度しましょうかねー(´◉◞౪◟◉)フォッフォッフォ…

タグ:VSCODE,プログラマー,開発

2020.10.13